不思議な気持ち 恋愛

人類が地球に生まれて、恋愛そのころから集団で暮らしてきました。集団でなかったら天災や肉食の動物にやられていたでしょう。
集団からのけ者にされる不思議な気持ち、それはすなわち死となりました。
個体として孤立を避けるような認識を種を存続させるために抱いていたのか他には集団で暮らす間にそれがデータとして遺伝子に刻み付けられていったのかははっきりしません。
とはいえ孤立は死を意味し不思議な気持ち、孤独に打ち勝とうとすることは生命維持に関わることであるのは疑う余地のないことだったのでしょう。
村八分という絶縁状態が日本の村々で実施されていましたが、不思議な気持ちかなり懲罰に相当しました。それなのに死んでしまうことは実施しませんでした。

分け入っても分け入っても不思議な気持ち 恋愛

死刑に近い刑罰ではあっても不思議な気持ち、殺すところまではいかない、恋愛といった度合いの基準だったのでしょう。
現代社会では孤独でも生きていくうえで障害にはなりえません。とはいっても、恋愛分かりあえないことへの不安だけはまだあります。
恋人との別れは他者から受け入れられないことなので恋愛、それがもとで「何のために生きているのか分からない」と漏らすほど落ち込んでしまい、恋愛元の元気を取り戻すにはある程度時間がかかります。これは一過性のもので自分で統制のとれるタイプのものではありません。
失恋によって心がズタズタになり、恋愛しばらく臥せってしまうのは恋愛、自然な反応です。
失恋の悲しみにどう向き合うべきなのか、不思議な気持ち自分を守ってしまう心理も合わせて検討しましょう。相応しい行動と不適切な行動があります。